Googleカレンダーを使った家族での予定共有

スマートフォンでの予定管理

多くの方がスマートフォンを所有する時代になってきました。スマートフォンにより様々なことが便利に使えるようになってきましたが、その中でも「スケジュール管理」はお勧めしたいポイントです。

これまでは紙のスケジュール帳を使われていた方が多いと思います。これはこれで、すぐに取り出して確認することができるなど、いまでもずっと使い続けている方も多いですが、スマートフォンでのスケジュール管理も負けず劣らず、その利便性は非常に高いものがあります。

ビジネスマンによくありがちな「予定変更」や、多くの予定の中から「検索」したり、デジタルならではの便利な機能がたくさんありますが、今回は、「予定の共有」について解説いたします。

予定の共有

生活の中では、自分自身の予定以外に、会社の同僚や家族など他人が関わる予定もたくさんあります。会社の会議の時間、家族の予定の時間など、自分が知らない間に、それらの予定は勝手に変わる可能性があります。直前になって、「この予定、時間変更になりました!」ということもありがちです。「事前に連絡してくれれば調整できたのに!」と思うこともしばしば。

しかし、自分のカレンダー上の他人の予定が自動的に更新されるとそのようなことはなくなります。

さて、そのようなことが本当にできるのでしょうか?

「Googleカレンダー」を利用すれば可能なのです。

便利なGoogleカレンダー

「Googleカレンダー」とは、Googleが提供しているクラウド型のカレンダーサービスです。Googleカレンダーに登録した予定はGoogleのクラウドに保存され、PCやスマホなど、どこからでも予定を表示・登録することが可能です。このGoogleカレンダーでは、他人のカレンダーを共有し、表示・編集することが可能なため、この機能を利用します。

Googleカレンダーで予定共有

Googleカレンダーでは、目的別のカレンダーを作成し、管理します。仕事用とプライベート用などのカレンダーを作成し、それぞれに予定を登録していくことで、予定を色別に表示したり、特定のカレンダーの予定だけを表示したりと、非常に便利です。このカレンダーの一つに、他人が管理するカレンダーも登録することができます。

自分のカレンダー上に、共有した相手の予定が表示されるという感じです。

Googleカレンダーで予定の共有方法

それでは、スマートフォンで「スケジュールストリート」を使ったGoogleカレンダーでの予定の共有方法を解説します。

下記の手順は、共有したいカレンダーを利用している端末で操作してください。

 Googleアカウントの登録

スマートフォン本体にGoogleアカウントを登録します。
[Androidの場合]
1.[端末設定]-[アカウント]-[アカウントを追加]-[Google]を選択
2.画面に従い、名前やパスワードを入力
3.アカウントの作成が終わったあと、[端末設定]-[アカウント]-[Google]を選択し、登録したアカウントを選択
4.[カレンダーを同期]がONにする

[iPhoneの場合]
1.[端末設定]-[メール]-[アカウント]-[アカウントを追加]-[Google]を選択
2.メールアドレス/パスワードを入力し、ログインします。
3.[Gmail]の項目で[カレンダー]をONにして、[保存]します。

スケジュールストリートをダウンロード

各種マーケットから「スケジュールストリート」をダウンロードします。

※auスマートパス/App Pass版は8500円以上のアイテムが使い放題、かつ広告も表示されません。

ダウンロードGet it on Google PlayauスマートパスSoftbank App Pass

 

 

Googleカレンダーの共有設定

1.ダウンロードしたスケジュールストリートを起動し、[かんたん設定]を選択
2.[カレンダー保存場所]に[Googleカレンダー]もしくは[iPhoneカレンダー]を選択して、[次へ]を選択
3.[Googleアカウント認証]にて、[Googleアカウント認証を行う]を選択して、[次へ]を選択

[Androidの場合]
[アカウントの選択]リストから、共有したい予定のあるGoogleアカウントを選択し、[OK]を選択

[iPhoneの場合]
[Googleアカウントでログイン]画面で、ログインする

4.[カレンダーグループリスト]にて、共有したいカレンダーの[リンク]アイコンを選択
5.[共有設定]にて、カレンダーを共有したい相手のGoogleアカウントを入力し[共有]もしくは[設定]を選択

相手のGoogleアカウント名のQRコードを読み取ることでもアカウント名を登録することができます。

カレンダーを共有させたい端末のスケジュールストリートの[メニュー]-[アプリ設定]-[QRコード]にて、表示されているアカウント名のQRコードを読み取ってください。

※事前にGoogleアカウントを登録した状態にしておいてください([メニュー]-[アプリ設定]-[Googleアカウント])。

共有したカレンダーを参照のみ(書き込み・編集不可)にしたい場合は、[権限]で[参照のみ]を選択してください。

これでGoogleカレンダーの共有設定が可能になります。

カレンダーを共有した相手のカレンダー上に、共有したあなたの予定が表示され、編集した内容も相手がカレンダーを同期したタイミングで自動的に反映されます。

あとで行うGoogleカレンダーの共有設定

すでにスケジュールストリートをご利用の方は、下記の手順で共有設定を行えます。

1. スケジュールストリートを起動し、[メニュー]-[アプリ設定]-[Googleアカウント]を選択
2.[新規追加]もしくは[新規作成]を選択

[Androidの場合]
[アカウントの選択]リストから、共有したい予定のあるGoogleアカウントを選択し、[OK]を選択

[iPhoneの場合]
[Googleアカウントでログイン]画面で、ログインし、アカウントを登録

3.[メニュー]-[カレンダーツール]-[カレンダー共有]を選択
4.[カレンダー共有]にて、共有したいカレンダーを選択して、[共有]を選択
5.[共有設定]での操作は前述の通りです。

カレンダーの共有はGoogleカレンダーで特に便利な機能ですので、是非ご活用ください。