煮詰まったときのリフレッシュ方法

仕事で新しい企画などを考えなければならないが、煮詰まってしまって一向に進まないときがあります。脳が疲れ切った状態では思考能力も低下し、時間をかけても新しいアイディアが出てくることは期待薄。あきらめて、しっかりリフレッシュしたほうが効率の良い場合があります。

リフレッシュ方法は人それぞれあったものがあると思いますので、自分に適した方法を試して見つけていけばよいかと思いますが、まだ自分にあったリフレッシュ方法がわからないという方へ、体験に基づいたリフレッシュ方法をご案内します。

スポンサーリンク

本屋へ行く

ご存じのとおり、本屋には多くの書籍が並んでいます。本屋へ行っても現在抱えている仕事に関する書籍ばかりを探しがちですが、ここではそれは忘れて、とにかく自分が気になると思う書籍を手に取りましょう。

本屋の入り口にはトレンドなどを意識したものを並べている傾向があります。入口付近で気になる書籍を手にとって、冒頭だけでも確認してみましょう。まえがきなど数分読むだけでその本の概要などがわかると思いますので、ピンときたらさらに読み進めたり、購入したりして、読んでみましょう。

本を読むことで、新しい情報がどんどん入ってきます。もちろん、すぐに直近で必要な情報が入ってくるわけではありません。ですが、読んでいるうちに、本の中に気になる1フレーズと出会えるかもしれません。その1フレーズが、いま煮詰まっている内容を少し先に進める手助けとなるかもしれません。

悩んでいると狭い範囲で同じ方向を進んでしまいがちです。本を読み、全く関係のない情報をインプットすることで創造力が増し、解決の糸口をつかめるかと思います。

自然に触れる

いったんすべて忘れましょう!

頭がいっぱいになっていると創造力が低下します。全く新しい考えを取り込みたい場合は、外に出ましょう!週末であればキャンプなどはお勧めです。

森林の中でのんびりしながらぼーっとしましょう。

空や山、木の葉など眺めていると、頭の中が空っぽになります。頭の中が空っぽになると、今後は逆に何かを考えたくなってきます。そうなると、モチベーションも上がり、集中力も高まり、考え方が研ぎ澄まされてきます。

これまでに悩んでいたことも、また新しい観点で考えることができ、解決の糸口を見つけることができます。

※これらの効果はあくまで個人の体験談ですので、すべての方に効果がでるものではありませんので、その点ご了承ください。

 

無料で人気のスケジュール帳アプリ