朝活で新しいライフスタイルを

夜型から朝型へのシフトチェンジでモチベーションアップ!

毎日忙しい日が続くと、夜遅くまで残業、残業。。。死ぬほど眠いが仕事は終わらない。家事、掃除、洗濯、買い物、起きてから寝るまで自分の時間が取れない。。。このように、毎日忙しいだけの日々を送っている方々は世の中にたくさんおられます。

しかし、本当にすべての人々が自分と同じような生活をしているのでしょうか?

人生を楽しんでいる方々には「朝型」の方が多くおられるのではないかと思います。「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、早起きするとお金を拾えるわけではありません。何かしらいいことがあるという意味です。朝型にシフトすると毎日いいことが起きる、そんな感覚を得ることができます。

毎日悶々と日々を過ごしているのであれば、一度「朝活」を実践してはいかがでしょう?

夜型から朝型へのシフトチェンジのきっかけ

でも、夜型の人間が朝早くおきるの、大変ですよね?朝起きるのが苦手だから夜型になっている。。。みたいなところもありますし。
ただ、実は私も夜型人間でした。前職の出社時間が遅かったのもありますが、朝8時過ぎに起きて、終電まで仕事をし、寝るのは真夜中。急に朝型にシフトしようと思っても普通は無理です。

朝型にシフトチェンジするには、ある程度の意識付けが必要です。

寝る前に、朝起きてから何をするかを具体的にイメージする

朝起きられないのは頭がぼ~っとしているから。脳を働かせると、目も覚めます。朝起きて何をするかを寝る前にイメージしておけば、起きてからすぐに行動に移せます。ぼ~っとしている時間が短くなるので、起きやすくなるでしょう。

眠くてもとりあえず体を起こす

体を横にしたままだと眠気はまたやってきます。特に冬場は蒲団があたたかく、抜け出すのに一苦労。寒かろうがなんだろうがひとまず体を起こしましょう。

朝起きたらすぐに動く

眠くてもとにかく体を動かすことが重要です。「歩く」だけでもOKです。とりあえず、水でも飲みましょう。もしくは、コーヒーでもいれましょう。ちょっと体を動かすことで、眠気が少し薄れてくるでしょう。

朝起きて楽しいことをする

いやなことをやるために早起きなんてできないですよね?寝る方が気持ちいいですし。ですので、朝起きてやることは自分にとって楽しいことである方がよいです。はじめは自分の趣味のものをするのがよいのではないでしょうか?

朝を気分よく過ごすことでモチベーションが上がり、その1日もよい一日になると思いますので、ぜひ一度、朝活を体験してみてください。