Googleカレンダーの週表示で土日を表示させない方法

Googleカレンダーは便利ですよね。仕事で使っている方も多いかと思います。Googleカレンダーは「日」「週」「月」などから表示形式を選択できますが、仕事で使っている場合は、「週」で表示している方が多いのではないでしょうか?

でも、仕事で使っている以上、土日は表示したくないな~、と思ったことはありませんか?そんな方のために「週」表示で土日を表示しないようにする小技をご紹介します。

スポンサーリンク

通常の表示について

設定をしない場合は下記のように土日が表示されます。

でも仕事のときに土日の予定を入れたり、確認したりすることはあんまりありませんよね。

ですので、土日の表示を見えないようにしてしまいましょう!

設定方法

設定方法はとても簡単です。

1.画面右上のギアのボタンをクリックして、表示されるメニューの中から「設定」をクリックします。

2.「[週]ビューと[月]ビューで週末を表示する」という項目がありますので、ここの設定を「いいえ」にして、保存します。

3.「週」表示にしたときに土日が表示されなくなります。

土日が消えることで月~金の幅が少し広がって、見やすさも向上しますね。

カスタム表示で5日表示した場合との違い

ちなみにカスタム表示というものもあります。カスタム表示は、設定画面で設定した日数分だけを常に表示するというものです。例えば、5日にすると、直近の5日分を表示します。この場合、月曜日に表示すれば月~金が表示されますが、水曜日に表示すると水~日まで表示されます。

今回の設定では、何曜日に表示したとしても、表示した日が属する週の月~金が常に表示されます。ちょっと言葉では分かりにくいかもしれませんが、実際に表示してみてもらうと分かるかと思います。

まとめ

簡単な設定を変えるだけですが、スケジュールが見やすくなって、毎日の仕事が少し効率化されるのではないでしょうか?設定をされていない方は是非一度試してみてくださいね。