予定共有から生まれる夫婦間コミュニケーション

予定共有で行う夫婦間コミュニケーション

スケジュール管理は自分の予定だけを管理するだけではありません。使い方次第では、他の用途としても便利に利用できます。

スケジュール管理が生み出すちょっとした事例のご紹介です。

「結婚記念日」を忘れて殺伐。。。

夜遅く帰ると、奥さんが激怒!「あなた、今日は何の日!?」と、結婚記念日を忘れて奥さんに激怒されたことはありませんか?激怒されないまでも、なんだか冷たい。。。話しかけても無視される。。。そのような経験をした方もいるのでは?

たしかに毎日忙しい仕事が続き、ルーチンワークのような日々の中、特別な日を忘れてしまうことは多々あるのではないかと思います。仕事の予定はしっかり管理しているのに、プライベートの予定はおろそかになってはいませんか?

仕事の予定は管理できるのに、プライベートの予定の管理ができないわけがありません。

 予定を共有することで円滑なコミュニケーションを

Googleカレンダーの共有機能を使えば、共有相手がカレンダーに入れた予定を自分のカレンダー上に反映させることができます。例えば、奥さんが「結婚記念日」の予定を入れると、あなたのカレンダー上にも「結婚記念日」が表示されます。仕事の予定を確認する際に、「あっ、今日は結婚記念日だった。今日はケーキでも買って早く帰ろう!」と気づくことができます。

毎日しっかりと夫婦のコミュニケーションをとっていれば、そのような必要性もないのでしょうが、お互いドタバタする毎日の中で、忘れがちになってしまいます。

予定管理を通じてちょっとしたコミュニケーションをとることができれば、毎日のコミュニケーションのきっかけづくりにもよいと思います。