時間がないときにイライラが態度に出てしまう人は絶対に損をしている

世の中には、余裕が無いことから生まれてくるイライラが態度に出てしまう人がいます。あなたは、時間がない、忙しい、イライラが態度に出てしまっていませんか?でも、それはマイナスになることはあってもプラスになることはありません(ネコだったらカワイイんですが)。心に余裕を持つ方法をご紹介します。

たとえばこんな場面

例えばこんな場面に遭遇したことはありませんか?

    • 別部署のAさんにメールで仕事をお願いしていたBさん。しかしメールを送ってから1週間経っても返事がない・・・。電話で連絡してみると、「はいはい!今週中にやります!(ガチャッ)」。
    • 上司のCさんにタスクのことで相談したいことがあるDさん。「今●●の件でよろしいでしょうか」と話しかけると、「今忙しいからまた今度!(とこちらの顔も見ないで言う)」との返事。

いかがでしょうか。こんな態度で返事をされたら、ポジティブな感情を抱くわけがありませんよね。Bさんは、「なんだこの人??」とAさんに対して思いますし、DさんはCさんには相談するのやめよう…と思うかもしれません。

たしかに忙しいとき、時間がないときに誰かに話しかけられたらイライラしてしまう気持ちも分からないわけではありませんが、相手がどういう印象を持つか、どういう感情を抱くかも考えて返事をする余裕を持つとよいでしょう。こんな形で色んな人からの印象・評価を下げるのは絶対に損ですから。

心に余裕を持つ方法

私が実践している心に余裕を持つ方法をご紹介したいと思います。

  • 一呼吸置く
    時間がない精神状態のまま返事をする前に、一呼吸置くことで、気持ちをリセットしてから話ができます。
  • できるだけゆっくり喋る
    イライラしているときは、自然と早口になりがちです。ゆっくり喋ることを意識することで、気持ちも落ち着いてきて、穏やかな口調でコミュニケーションを取れるようになります。

まとめ

時間がないからといって、無意識にそのイライラをそのまま他人にぶつけるのは、百害あって一利なし、です。ぜひ心に余裕を持って日々過ごしていただくことをおすすめします。逆に、そういう態度を取られてしまった方は、それを反面教師にすると良いでしょう!